この言葉が心に響いた。


今を変えられる力のない人が、未来を変えられるわけがないということ。


今日、この瞬間から変える

まだ仕事をやめた身ではありませんが、2019年3月で「仕事をやめる」と心の中で決めています。

私は、会社をやめたいと思い続け、「やめる」と覚悟を決めるまでに5年かかりました。

それは、はあちゅうさんがツイートしていたとおり、明日の自分には何ら期待していないのに、未来はどうにかなると漠然とした期待を抱き

努力しない自分から目を離していただけなのだと思います。

人生そんな甘いものじゃありませんでした。

5年前どうにかなると期待を抱いてきた結果、何者にもなれていない自分がいました・・・

まさにに、このとおり。

今日、今この瞬間から自分自身を変えなければ未来なんて変えられるはずがありません。

何者かになるための魔法なんてどこにもなくて、ただ、なりたい自分に向かってひたすら努力することが大切なんだと気付かされました。


努力はつらいの?

TAKEBE160224530I9A0327_TP_V4

「ひたすら努力することが大切」と言いましたが、それを聞くと、堅苦しく、つらいことをイメージしてしまいがちです。

しかし、努力とはつらいことなのでしょうか?

「努力」を辞書で引くと「ある目的のために力を尽くして励むこと」と書いてあります。

つらいこと、苦しいことなんてどこにも書かれていません。

だから、努力は楽しいことでもいいのです。

「好きこそものの上手なれ」という言葉があります。

これは、好きなことにはおのずと熱中できるから上達が早いものだ。という意味です。

何者かになれる人と、なれない人の違いは、この努力をつらいものと感じているか、楽しいことと感じているかの差では無いかと思います。

楽しいと感じるモノサシは人それぞれ違います。

「こんなつらいことよくできるね!?」

と思うようなことでも本人からすれば、楽しい努力なのかもしれません。

だから、自分にとって楽しくできる努力は何なのかをじっくり見極め、心から楽しいと感じることをやるべきなのです。

特別な理由はいらない

何かを始める時、人は特別な理由を考えてしまいます。

・何でこれをやりたいのか
・やりがいはあるのか
・稼げるのか
・自分に向いていなかったらどうしよう

ただ、これらのことは実際にはやってみないと分からないことの方が多いので、考えるだけ無駄です。

極端なことを言えば、「やりたい」か「やりたくないか」だけで充分だと思います。

好きなことで成功している人に「なぜそれをやっているの?」と聞くと

意外にも「やってみたら、たまたま続いた」と答える人が多くいます。

だから、考える前にとりあえずやってみることが何より大切です。

特別な理由を考えている今この瞬間にも、やっている人は進化しています。

理由なんて後からどうにでもなります。

ただ一つだけ言えることは進化しなければ、日々進化している人に勝つことなんて出来ないということ。


おわりに

今日、今この瞬間があなたの5年後、10年後を創っているとなればもうやるべきことはわかりますよね。

ほんのちょっとの勇気を出すだけで、人生は変ります。

「何もやらない」よりは「やってみたけど、合わなかった」の方が一歩前身しています。

一番もったいないのは迷っている時間。

最後にお願いです。

これを読んだあなたは何かほんの小さなことでもいいので行動してみて下さい。

きっと何かが変わるはず!!!
スポンサードリンク